注文住宅を建てる

家づくりQ&A

はじめての家づくり、まずやっておくことは・・・・?

まず一番にライフプランを見据えた資金計画を建てること。
そしてお客様がどんな家に住みたいか、どんな生活を過ごしていきたいか等々、しっかりしたイメージを作っていくこと。
家族全員の、「それぞれの要望」を話し合っておく事も大切です。

購入資金はどうしたらいいの?

住宅ローン返済計画などお金の事は家造りで重要です。
いくら借りるのか?、月々の返済額などを把握し、無理の無い返済計画を建てていきましょう。
トヨタホームには経験豊な信頼できる住宅ローンアドバイザーがおり、毎月「資金計画セミナーを無料で開催しています。

今すぐ建てる訳ではないのですが、モデルハウスを見学しても良いですか?

トヨタホームのモデルハウスは店休日を除き、いつでもご見学して頂けます。モデルハウスを見学したお客様が全員契約するわけではありません。
お気軽にお問合せください。時間がないお客様に合わせて、短縮は可能!!事前に「1時間で案内してほしい」or「どこを見たい」or「何を知りたい」
etc・・・等々目的をお伝え頂ければよりスムーズなご案内が出来ます。再度の見学ももちろん可能ですのでお気軽にお越し下さい。

建築する土地を所有していないのですが、土地探しも相談できますか?

今までトヨタホームで家を建てて頂いたお客様の中には土地探しからのご依頼も数多くありました。
創業以来、多くの実績があるトヨタホームでは、お客様のご要望に合った土地探しのご相談も承っております。不動産会社の情報や公になっ
ていない情報等、お客様担当がお届けいたします

着工から完成までどのくらいの期間で出来ますか?

工事期間の目安は、着工から竣工までおおよそ半年ほど。
設計プランの決定後、建築確認申請や地盤調査などを行い着工となります。
さまざまな法的手続き、各種検査、着工後の天候によって左右される場合もあります。

自然素材を使いたいのですが

「健康に損なわない」、「日本の風土に合っている」など様々なメリットで自然素材をご提案しておりますが、無垢材や土壁、漆喰などは、
その土地の風土に合わせて季節ごとに順応していきます。そのため伸縮等により多少の隙やヘアクラック等も出ます。
自然素材の性質を理解し素材と共に時間の変化過ごし楽しむという気持ちでお住まい下さい。

注文住宅と建売住宅と規格型住宅の違いは何ですか?

住宅メーカー等が手がける、「大量生産の住宅」が建売住宅です。
「あらかじめ決まった間取り・仕様のタイプ」から選ぶのが規格型住宅。
一方、注文住宅はゼロからプランニングして作る、いわば、「オーダーメイドの家」というのが大きな違いです。

注文住宅は高い?

一般には高いイメージがあるようですが、予算に応じて家づくりが出来ることが注文住宅の大きな特徴です。もちろん詳細な打合せやオーダー
に対応するため、建売住宅や規格型住宅と比べて(使用建材の違いを加味せず)コストアップは否めません。しかし、規格型住宅のような必
要の無い部分の設備や内装材でコストダウンを図れたり、こだわりたい部分への予算配分をできたり、と賢い家づくりが出来ます。

注文住宅はどのくらい思い通りの家がつくれるんですか?

建売住宅、規格型住宅、と比べて制約が少ない事が大きなメリットです。建築基準法で定められた構造基準等がクリアされれば、基本的に制
約はありません。トヨタホームの手がけている住宅工法は木造軸組工法で、在来工法と呼ばれるものです。後の増改築等でも自由度が高いの
でトヨタホームの目指す、「三世代にわたっての家づくり」を可能にします。

アフターサービスは行っていますか?

引き渡し後3 ヶ月、1 年などの定期的な点検、お声がけ等のアフターサービスを行っております。
家は何十年と住み継いでいくものです。末永くお付き合い頂ける様、生涯のパートナーを目指しております。
設備などのちょっとした不具合の修理から、ライフスタイルに沿ったリフォームのご要望まで、適切に対応させていただきます。

全国の実例はこちら